トップ > 

 待ちわびていた緊急事態宣言の解除に伴い、藤枝市の体育施設、小中学校の体育館の利用が順次再開します。藤枝市スポーツ協会、藤枝市スポーツ振興課に確認した結果、社会人は18日から、小中学生は25日から練習再開が可能と判断しています。 しかし、私たちの身の周りには、いまだウイルスは確実に存在しますので、感染の第2波が生じないよう以下の点に注意し、練習を再開していただければと思います。 1)当面の間、ビジターの参加は控える。   感染リスクを最小に抑えるため、連絡が可能なクラブメンバーのみで練習を行う。 2)県外からの参加、県外から戻った方の参加自粛   2週間以内に県外から、特に東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・兵庫・北海道に出かけた方、県外から家族が帰省して来た方については、参加を自粛 3)自家用車による参加   練習には、移動中の感染を防ぐために自家用車にて参加。 4)検温、体調チェック、手指消毒   自宅で検温し、発熱、咳がでる方、体調が悪い方は、参加を控える。可能であれば、入室前にアルコール消毒、できなれば手洗いを行う。練習後の手指消毒、手払いを忘れずに。特に、消毒前に口、目、鼻を触ることを控え、飲食は手払い・消毒後にする。 5)マスクの着用、休憩時距離をとる   休憩中はマスクを着用し、できるだけ離れて座り、会話は少なくする。プレー中のハ イタッチ等は控える。 6)参加人数の制限   密集を防ぐために、1コート8人を目安に参加人数を調整する。 7)定期的な換気   1時間に1回、5分以上の換気を行う。 大切な事は、ウイスルを外から持ち込まない、身体の中に入れない。ことです。練習後は手に白いペンキがたくさんついていると考えて、ペンキを落とすことを考えて行動すれば、感染リスクは抑えられると思います。新しい生活様式を考え、バドミントンを楽しんでいただければと思います。 令和2年5月16日 藤枝市バドミントン協会会長 松本 幹広